佐鳴予備校

佐鳴予備校には2つの特徴があります。1つは校舎教室長制です。

各校舎における専属の「校舎教室長」が、その校舎に通う生徒1人1人を責任もって指導します。

内容は、日々の授業はもちろん、成績の管理とその推移分析、個別学習カウンセリング、進学指導を担当して、生徒・保護者とのコミュニケーションにあたります。

校舎担任は授業を教える先生が担当するので、授業と直結して成績の管理が可能になっています。

塾によっては曜日によって先生が変わったり、教科の先生が校舎を移動したりする塾もありますが、佐鳴予備校なら最後まで先生と信頼関係を作りながら勉学に励むことができます。

もう1つの特徴は、佐鳴コンピュータパーソナルラーニングシステムです。

これは、70万ページにも及ぶプリントの中から厳選された問題を抜粋し、印刷して利用できるシステムです。

生徒は自ら学習する単元やレベルを選択して学習でき、プリントの正答数によってコンピューターが次の単元に進むかどうかを判断し、習得するまで学習できるようになっています。

標準レベル、基本レベル、ハイレベル、テスト対策コースなど様々用意されており、レベルの組み合わせは自由なので自分に最適の勉強が出来ます。